印刷について

転写印刷の再現性

転写印刷の再現性についてご説明します。

エコバッグへの印刷は大量印刷に好むシルクスクリーン印刷が一般的ですが、
最近ではフルカラー印刷での要望も増えて来ています。

弊社でもフルカラー印刷は可能です。
その場合は熱転写印刷という方法になります。

熱転写印刷とは、専用の転写シートへ絵柄を印刷し、
これらを熱と圧を加えてバッグ本体へ圧着させて本体へ印刷する技法のことを言います。
シルク印刷の場合は単色ベタ塗りのみしか印刷ができないことに対して、
転写印刷はグラデーションや写真などがエコバッグへ印刷可能になります。

弊社が扱う転写印刷は、販促・ノベルティ向けの安価なタイプになります。
また弊社エコバッグ本体色は白ではないため、
エコバッグ本体の色と絵柄の色が混ざり、全体的に暗い仕上がりになる事を避けるため、
図柄と同じ形を下白色のシルエットを最初に印刷する「白引」という加工を行っております。

■ 例えばこの図柄を印刷したい場合

そのまま印刷するとバッグの薄茶色の色の馴染んでしまい、
以下のように暗い感じの印刷になってしまいます。

これらを避けるために、まずはこのように白引きを行います。

白引きする事で、生地の色と混ざらず、より版下に近い再現ができます。
ただし、白引きはその上に乗る図柄より少し大きめのサイズになるので、
若干1mm程度の白い縁として白色が図柄の周りに残ります。

例えば、以下のような口と目の部分に黒色が入らない場合だと、、、

印刷を施すと、白の縁は以下のようになります。

もし目と口を白色にしたい場合は、デザイン入稿時に指示をお願いします。

転写した図柄が剥がれないよう、圧着を強める場合もございます。
印刷サイズが大きかったり、キャンバスバッグのように生地の凹凸が大きい場合、
印刷面が剥がれたりしないようにバッグ本体と転写シートの圧着力を強めます。
その場合、以下の写真のように生地の凹凸が浮き出てくる場合がございます。
特にベタが大きい面の場合はこちらが目立つ場合がございますが、
これは剥がれ防止により圧着を優先するために転写印刷の技術上避けられません。


以上、簡単ではありますが転写印刷の説明になります。
これらはあくまでイメージになりますので、実際に転写印刷をご希望の場合はデザインをお送りいただき、
事前にご相談していただければと思います。

よろしくお願いします。

関連記事

  1. 印刷について

    印刷の色について

    シルク印刷の色合わせについてのお話です。印刷に使用するインクは…

  2. 印刷について

    ベタ印刷について

    今回はシルク印刷のベタ割り増しについてのご説明です。エコバッグ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 商品について

    111:コットンバッグ
  2. サービスについて

    CO2排出権取得対象商品
  3. サービスについて

    WWFジャパン商品
  4. その他

    2020年7月レジ袋有料化へ
  5. その他

    商品画像が増えました
PAGE TOP