印刷について

転写印刷の再現性

転写印刷の再現性についてご説明します。

エコバッグへの印刷は大量印刷に好むシルクスクリーン印刷が一般的ですが、
最近ではフルカラー印刷での要望も増えて来ています。

弊社でもフルカラー印刷は可能です。
その場合は熱転写印刷という方法になります。

熱転写印刷とは、専用の転写シートへ絵柄を印刷し、
これらを熱と圧を加えてバッグ本体へ圧着させれる技法のことを言います。
シルク印刷の場合は単色ベタ塗りのみしか印刷ができないことに対して、
転写印刷はグラデーションや写真などがエコバッグへ印刷可能になります。

弊社が扱う転写印刷は、販促・ノベルティ向けの安価なタイプになります。
価格をお安くご提供できる分、若干の色味の再現性が浅くなります。
またCMYKでの印刷になるため白色の印刷ができません。
また弊社エコバッグ本体の色はは白ではないため、
エコバッグ本体の色と絵柄の色が混ざり、全体的に暗い仕上がりになります。
白色をご希望の場合は別途「白引」という加工が必要になります。

以下、仕上がりのイメージです。

<データ上で見た絵柄の一部>

<キャンバスのバッグへ印刷した場合>
白い部分が印刷されずバッグの色が抜けています。
また圧着により若干生地の凹凸が透けています。

<同じ絵柄、同じバッグへ“白引”を行なった場合>
下地に白色を一度引くことで、通常よりは暗みが取れ発色はよくなります。
ただ、白地と絵柄の重なり部分に若干の版ズレが生じます。

以下はイメージですが、
このような絵柄に対して、実際に仕上がる感じをイメージ画像にて説明します。

<データ上で見た絵柄>

<バッグへ印刷した場合のイメージ>
データ上の絵柄に比べ、色味が浅くバッグの色と混ざり暗い感じになります。

以上、簡単ではありますが転写印刷の説明になります。
これらはあくまでイメージになりますので、実際に転写印刷をご希望の場合はデザインをお送りいただき、
事前にご相談していただければと思います。

よろしくお願いします。

関連記事

  1. 印刷について

    ベタ印刷について

    今回はシルク印刷のベタ割り増しについてのご説明です。エコバッグ…

  2. 印刷について

    印刷の色について

    シルク印刷の色合わせについてのお話です。印刷に使用するインクは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 使用事例

    お店の記念品として
  2. 印刷について

    転写印刷の再現性
  3. 商品について

    111:コットンバッグ
  4. その他

    遠東商会ブログ開設しました
  5. サービスについて

    WWFジャパン商品
PAGE TOP