その他

私たちが考えるサスティナブル

最近テレビやニュースでよく耳にする「サスティナブル」。
これは「持続可能な」という意味で、昨今深刻化されている地球の環境問題に対する取組みなどに対してよく使われています。
最近では環境に配慮し作られた食品などを「サスティナブルフード」や「サスティナブル〇〇」といった
品目を付けて販売しているケースもよくあります。
食品同様に生活に欠かせない衣服。
今のファッション業界はファストファッションの流行、さらに途上国の経済発展による消費急増から、
衣服の破棄されているボリュームは20年前のおおよそ2倍とも言われています。
私たちが取り扱うコットン製のエコバッグ、
この特徴の一つとして、漂白、染色加工を一切施していない無漂白素材を使用しています。
それにより、漂白剤や染料を河川、海へ流すこと無く製品化されています。
これは汚染による河川、海の生態系減少を防いでいます。
ある種、サスティナブルの一貫とも言えます。

また、消費者が私たちのエコバッグを日常生活で利用することで、プラスチック製のレジ袋消費量が減少し、
プラスチックゴミの減少へと繋がります。
ちゃんと処分されなかった大量のプラスチックゴミが河川、やがて海へと流れ着き、
雨風や日光にさらされ細かくなったそれらを海洋生物が口にすることで、
それらが消化できず死んでしまう事へと繋がっています。
こういった時間が経過して細かくなったプラスチックゴミをマイクロプラスチックゴミと言っています。
海洋生物の多くは、このマイクロプラスチックゴミを誤飲しており、
その海洋生物を食している人間の体内にも、マイクロプラスチックゴミが蓄積されているのが実態です。
量で言うと、人間1人あたりが知らないうちに食しているマイクロプラスチックゴミは
クレジットカード1枚分のプラスチック使用料に相当すると言われています。
環境に優しい材質のエコバッグを利用することで、
プラスチックゴミの削減へと繋がり、海洋プラスチックによる海洋生物への影響を軽減することで、
より持続可能な海の生態系を守る事へと繋がります。

2020年レジ袋が有料義務化され、
エコバッグ の利用が少し身近になってきました。
私たち販促・ノベルティ業界でも、エコバッグを販促・ノベルティ として取り扱いたいと言う声も増えてきております。
当社のエコバッグは無漂白のコットン素材の地球環境に優しいエコバッグになります。
是非、会社・お店の販促・ノベルティ品としてご検討してみてください。
エコバッグ の売れ筋商品の一覧はこちら
http://entoh.com/user_data/shoppingbags.php

関連記事

  1. その他

    エコバッグ事例

    エコバッグは販促・ノベルティの中でも人気の分類に入りますが、実際に…

  2. レジ袋有料化について

    レジ袋有料義務化って?

    レジ袋有料化に伴い、大手スーパーやドラッグストアなどは早くもレジ袋…

  3. その他

    遠東商会ブログ開設しました

    遠東商会のオフィシャルブログ開設しました。エコバッグに…

  4. レジ袋有料化について

    海洋プラスチックゴミ

    2020年7月よりレジ袋の有料が義務化されます。レジ袋有料義務化は…

  5. レジ袋有料化について

    レジ袋からエコバッグへ

    コロナ騒動が深刻化し始めて約1年が経過しました。ちょうど1年前、緊…

  6. レジ袋有料化について

    消費者が思うレジ袋有料化

    ここ数年、世界的にも排気プラスチックゴミ問題が課題となってきております…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 使用事例

    ベーカリーショップの事例紹介
  2. 使用事例

    アパレルブランドの事例紹介
  3. その他

    私たちが考えるサスティナブル
  4. サービスについて

    立替運賃について
  5. 使用事例

    旅行代理店の事例紹介
PAGE TOP