使用事例

商品選びのポイント

オリンピックも今のところは開催に向けて進んでおりますが、
もし開催となれば全国各地で様々なイベントが開催されることが予想されます。
そんな時、販促・ノベルティ向けエコバッグも大活躍な商材になります。

普段、販促・ノベルティを色々とご検討、ご提案されている方々の中でも
目新しい、見栄えがいいなどの条件と合わせて、
もらって喜ばれる販促・ノベルティグッズを採用したいと言うことを考えられている方々も多いと思います。

エコバッグはそんなニーズにもばっちりな販促・ノベルティグッズになります。

展示会など、たくさんの方々が参加されているイベントでは、
その多くの出展企業は予め準備したサンプルやパンフレット・カタログなどを少しでも多くの参加者へお配りして、
紹介したいサービスや商品を宣伝しています。
従来は企業ロゴやキャラクター、サービスに関連したイメージデザインなどを印刷したビニール袋や紙袋に
サンプルやパンフレット・カタログを入れて配るのが主流でしたが、
最近ではエコバッグに入れて配るという事例が増えています。
たくさんの出展ブースを訪問する参加者としては、行く先々で紙やビニールの袋に入った資料を受け取ります。
そんな中、エコバッグを配ることで、たくさんの参加者はそのエコバッグや色々な企業からもらった資料をまとめてしまう傾向があります。
展示会場で配る袋は会場内をウロウロする参加者様に自社のロゴやデザインが印刷されている袋を持ち歩いてもらいたいと言う狙いがあります。
そう考えると、一つの袋にまとめられてしまうのであれば、割高になってもいいからまとめる袋として扱ってもらえるような袋を採用しようと言う考えになります。

それで、材質のしっかりした、または後々も使ってもらえるようなエコバッグを
販促・ノベルティグッズとして展示会などの配布用袋としての採用をしている企業が増えています。

弊社で展示会用の用途として人気のあるエコバッグはこちらの2点になります。


コットンショッピングバッグ:参考小売価格120円(税抜)
こちらはA4サイズの書類がゆったり入る大きさです。
展示会ではエコバッグをたくさん配る為、なるべく安いエコバッグを選ばれる傾向があります。
こちらは価格重視ですが、資料をお入れる程度の用途であれば充分な容量を備えております。
とにかく価格を抑えてたくさんエコバッグを使用したい企業様向けへのオススメです。
詳細はこちらをご覧ください。
https://entoh.com/products/detail.php?product_id=6

次の商品はこちら


コットンバッグ:参考小売価格160円(税抜)
こちらもお安めの価格帯のエコバッグになりますが、
先程のエコバッグに比べて1周り大きめサイズに加えて底部分にマチがついたりと、
容量がより大きな商品となっています。
先程のエコバッグが資料などを入れてお配りになるのに最適に比べて、
こちらはさらにサンプルなどの嵩張るものも資料と合わせて入れても充分な容量です。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://entoh.com/products/detail.php?product_id=7

今回は2点の売れ筋エコバッグをご案内しましたが、
他にも近い仕様、価格のエコバッグが多数取り揃えられております。
ホームページに全商品掲載しておりますので、ぜひホームページもご覧ください。
https://entoh.com/

関連記事

  1. 使用事例

    スポーツイベントの使用事例

    レジ袋有料化に伴い、大手スーパーやドラッグストアなどは早くもレジ袋有料…

  2. 使用事例

    エコバッグ使用事例〜ホテル〜

    レジ袋有料化に伴い、その関連でのエコバッグの活用が増えてきております。…

  3. 商品について

    111:コットンバッグ

    今回は商品番号111、商品名コットンバッグのご紹介です。この商…

  4. 使用事例

    展示会での具体事例

    以前の記事でエコバッグは展示会などのイベント会場で配布する資料入れに最…

  5. 商品について

    生地についての良くある質問

    生地についての良くある質問をおまとめしました。弊社エコバッグの…

  6. 使用事例

    アパレルブランドの使用事例

    レジ袋有料化に伴い、大手スーパーやドラッグストアなどは早くもレジ袋有料…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 使用事例

    ベーカリーショップの事例紹介
  2. その他

    商品撮影しました
  3. レジ袋有料化について

    レジ袋有料化の準備
  4. その他

    脱炭素への取り組み
  5. レジ袋有料化について

    2020年7月レジ袋有料化へ
PAGE TOP